8月13日のカラミ壁整備活動

尾小屋鉱山の遺構であるカラミ壁の整備活動です。

尾小屋鉱山資料館脇に存在するものです。

宿敵であるイタドリも私たちの除草活動に屈し、

かなり勢いが落ちました。

今日は猛暑となり、13時で作業を切り上げました。

ハゲ山だった頃をイメージしていますので、徹底的に除草したいところです。

昨年10月の着手前の姿です。

何事も手を掛けねば前進しません。

なつかしの尾小屋鉄道を守る会

1977年3月19日をもって廃線となった尾小屋鉄道の車両の一部が小松市立ポッポ汽車展示館で静態保存されています。また、いしかわ子ども交流センター小松館なかよし鉄道として動態保存されている車両もあります。 弊会はこの二つの場所に於いて、動態保存支援ボランティアとして活動を行っています。弊会は会費制をとっており、公開している活動は会費でまかなわれています。

0コメント

  • 1000 / 1000