キハ3運行を終えて

ネット上で皆さんが撮影された画像を見て楽しんでいます^^

運転士のワタクシは走行写真を撮影できませんからね。

見ていて気になるのが誤記でございます。

車両の詳細については弊ブログの「私たちの関わる車両」

を参照して頂ければと思います。

まあ、それも100%正しいかは謎ですが^^

現在のキハ3の姿は尾小屋鉄道末期をイメージしています。

1803を白く塗ってあるところや3だけを塗ってあるところがあります。

決して遠州鉄道キハ1803をイメージしたわけではありません。

年代によってばらつきがありますが、尾小屋色になった当初はすべて3だけ白塗りでした。

尾小屋向きの塗装がちょっと綺麗ですが、これは事故復旧によるものなのです。

キハ1は当初機械式でしたが、現在はトルコン化されています。

協調運転も楽ちんです^^

なつかしの尾小屋鉄道を守る会

1977年3月19日をもって廃線となった尾小屋鉄道の車両の一部が小松市立ポッポ汽車展示館で静態保存されています。また、いしかわ子ども交流センター小松館なかよし鉄道として動態保存されている車両もあります。 弊会はこの二つの場所に於いて、動態保存支援ボランティアとして活動を行っています。弊会は会費制をとっており、公開している活動は会費でまかなわれています。

0コメント

  • 1000 / 1000