小松バスのギャラリーバス

尾小屋鉄道開業百年を記念して、七月十一日より運行を開始したギャラリーバスに乗車してきました。このバスは622号と508号の二台に現役時代の写真を展示して、一般路線を走行しています。おもに尾小屋線へ投入することが多いそうです。

バスへの写真掲示も十一月二十六日をもって終了することになり、ギャラリーバスとしての使命を終えます。

発駅となる小松駅前のバスターミナルです。

通学する高校生でバスはいっぱいになります。

高校生が降車するとお客は二~三名になります。

尾小屋鉄道時代の塩原駅舎はバス停となって余生を送っています。

十一月二十六日をもってギャラリーバスと鉱山資料館開業百年展の幕が下ります。

開業の日に幕を下ろすというのも何ですが、何事も節目ですからね。

聞けばバスの運転士さんはなかよし鉄道でキハ3に乗車されたそうです。

社長を始め、多くの社員さんがなかよし鉄道で乗車されました。

多くの方に尾小屋鉄道を知ってもらい、思い出してもらい、ふれあってもらうことが出来ました。

小松バス様、尾小屋鉱山資料館、守る会の三者が協働して開業百年を祝しました。

「若い時、これに乗ってかよてんわいね」

なかよし鉄道のキハ3で、年の頃が私と同じくらいのご婦人が笑顔で話してくれました。

この企画を実行して本当によかったと実感しました。

今年は大きな収穫を得ることが多い一年となり、来年からの活力として開業百年に幕を下ろしたいと思います。

尾小屋鉄道万歳!

なつかしの尾小屋鉄道を守る会

1977年3月19日をもって廃線となった尾小屋鉄道の車両の一部が小松市立ポッポ汽車展示館で静態保存されています。また、いしかわ子ども交流センター小松館なかよし鉄道として動態保存されている車両もあります。 弊会はこの二つの場所に於いて、動態保存支援ボランティアとして活動を行っています。弊会は会費制をとっており、公開している活動は会費でまかなわれています。

0コメント

  • 1000 / 1000