メンテナンス日

毎月車両のメンテナンスを行っています。

バッテリーは日ごと目減りしていきますからね。

騒動の渦中ですので、招集をかけずに私一人での作業です。

今年初めてキハ3のエンジンを始動させました。

気温も上がっていたので容易に掛かりました。

鉱山電車もメシを食わせ、終点まで一往復させて状態を確認しました。

準備は万端ですが、動かす日程が中止になっています,,,

カラミ壁の除草も平行して行いました。

イタドリが芽吹き始めましたが、勢いはかなり縮小しています。

尾小屋鉱山事務所へ至るコンクリート橋です。

かなり老朽化し、小松市は年内に解体する予定です。

当時を伝える貴重な遺産なのですがね。

残して欲しいという私たちの声も届きませんでした。

どこの自治体もそうですが、何が貴重かを理解できない職員が多いのはいかがかと。

そうやって取り返しの付かないことになってしまうんです。

まだまだ日本は遺産保存途上国です。

なつかしの尾小屋鉄道を守る会

1977年3月19日をもって廃線となった尾小屋鉄道の車両の一部が小松市立ポッポ汽車展示館で静態保存されています。また、いしかわ子ども交流センター小松館なかよし鉄道として動態保存されている車両もあります。 弊会はこの二つの場所に於いて、動態保存支援ボランティアとして活動を行っています。弊会は会費制をとっており、公開している活動は会費でまかなわれています。

0コメント

  • 1000 / 1000