公開日復活します

小松市立ポッポ汽車展示館での公開日と、いしかわ子ども交流センター小松館なかよし鉄道増発運転日を復活させます。このご時世ですのでソーシャルディスタンスを遵守することになりますが、弊会会員も含め来訪される皆様にもご協力いただきたく思います。以下の注意点に目を通してからのご来訪をお願いいたします。乗車はいずれも無料でご利用になれます。

【今回実施すること】

ポッポ汽車展示館での運転公開日ではキハ3体験乗車はありませんが、ハフ1を連結し屋外展示します。屋外展示した車両への立ち入りは出来ません。

なかよし鉄道では運転本数を半分に削減し、さらに一回の運行での乗車人数を制限します。乗車前に改札口でマスク着用の確認(小学生低学年までは着用を強制しません)と検温を実施し、アルコール消毒のうえ車両に乗車することになります。万が一を考え、名前と連絡先を記帳頂きます。協力いただけない方の乗車は出来ませんので、ご理解をお願いいたします。当然ながら37.5度以上の体温がある場合は乗車できません。

【ポッポ汽車展示館】

8月22日(土) 10時~15時(12時~13時休憩)

キハ3体験乗車は無しとします。ハフ1を連結して屋外展示のみです。

5号蒸気機関車の汽笛吹鳴体験を行います。(随時)

鉱山電車は随時運転とします。係へ申し出てください。

記念乗車券(開業百年など)やレール文鎮販売を行います。

10月4日(日) 13時~15時

キハ3体験乗車は無しとします。ハフ1を連結して屋外展示のみです。

鉱山電車は随時運転とします。係へ申し出てください。

記念乗車券(開業百年など)販売。

【なかよし鉄道】

8月23日(日) 10時~15時(12時~13時休憩)

全車両を連結し運行します。

運行時間は10時、11時、11時50分、13時、14時、15時

一回の運行の乗車定員は40名とします。キハ1が20名、客車は各10名。乗車しきれなかった場合には追加運行します。DC121添乗はできません。

なつかしの尾小屋鉄道を守る会

1977年3月19日をもって廃線となった尾小屋鉄道の車両の一部が小松市立ポッポ汽車展示館で静態保存されています。また、いしかわ子ども交流センター小松館なかよし鉄道として動態保存されている車両もあります。 弊会はこの二つの場所に於いて、動態保存支援ボランティアとして活動を行っています。弊会は会費制をとっており、公開している活動は会費でまかなわれています。

0コメント

  • 1000 / 1000